書籍
書籍検索
送料無料

設計技術シリーズ

磁気浮上技術の原理と応用

著者: 一般社団法人 電気学会
磁気浮上技術調査専門委員会 編
価格: 4,600円(本体)+税
判型: A5
ページ数: 346 ページ
ISBN: 978-4-904774-65-6
発売日: 2018/3/26

【著者紹介】

編集幹事
  大橋 俊介
  栗田 伸幸
  長谷川 均
  杉元 紘也
  丸山 裕

執筆者(各章五十音順,◯:章幹事)
第1章
  小豆澤照男
◯ 大橋 俊介
第2章
 上野 哲
  坂本 茂
  杉元 紘也
  水野 毅
◯ 森下 明平
第3章
  上野 哲
  大路 貴久
  大橋 俊介
◯ 岡 宏一
  長谷川 均
  成田 正敬
  水野 毅
  森下 明平
  山本 雅之
第4章
  上野 哲
  大路 貴久
  岡 宏一
  柿木 稔男
  栗田 伸幸
  進士 忠彦
  鈴木 晴彦
◯ 長谷川 均
  増澤 徹
  水野 毅
  森下 明平
  山本 雅之
第5章
◯ 朝間 淳一
  大島 政英
  千葉 明
  長谷川 均
  土方 規実雄
第6章
  小沼 弘幸
  桑田 厳
◯ 坂本 茂
  進士 忠彦
  杉浦 壽彦
  杉元 紘也
  丸山 裕
  森下 明平

【目次】

第1章 磁気浮上とは

  1. 1.1 磁気浮上から磁気支持へ
  2. 1.2 学会での取組み経緯
  3. 1.3 本書の構成学会
  4. 参考文献

第2章 磁気浮上・磁気軸受の基礎理論

  1. 2.1 電磁力
  2. 2.2 線形制御理論
    1. 2.2.1 状態方程式 (state equation)
    2. 2.2.2 可制御性 (controllability)
    3. 2.2.3 可観測性 (observability)
    4. 2.2.4 極配置 (pole assignment)
    5. 2.2.5 最適レギュレータ (optimal regulator)
    6. 2.2.6 オブザーバ (observer)
    7. 2.2.7 サーボ系
    8. 2.2.8 積分形最適レギュレータ
    9. 2.2.9 H制御
  3. 2.3 ベクトル制御のための座標変換
    1. 2.3.1 三相量の空間ベクトル表示
    2. 2.3.2 三相-二相変換 (αβ変換)
    3. 2.3.3 回転座標変換 (dq変換)
    4. 2.3.4 二相巻線モデルおよびインダクタンス行列
    5. 2.3.5 d軸電流による軸方向力発生のメカニズム
    6. 2.3.6 d軸電流により発生する軸方向力の一般式の導出
  4. 2.4 機械振動の基礎
    1. 2.4.1 振動で重要な概念
    2. 2.4.2 1自由度系
    3. 2.4.3 多自由度系
    4. 2.4.4 モード解法
    5. 2.4.5 回転体の振動
    6. 2.4.6 振動問題解決に重要な手法
  5. 参考文献

第3章 磁気浮上の理論と分類

  1. 3.1 電磁力発生機構と能動形磁気浮上・磁気軸受機構の基礎理論
    1. 3.1.1 磁気力の制御方式
    2. 3.1.2 安定問題と浮上制御理論
    3. 3.1.3 磁気軸受における制御理論
    4. 3.1.4 柔軟構造体の解析と浮上制御
  2. 3.2 吸引制御方式(EMS)
    1. 3.2.1 電磁石式
    2. 3.2.2 永久磁石併用式
  3. 3.3 永久磁石変位制御方式
    1. 3.3.1 ギャップ制御形吸引力制御機構を用いた磁気浮上機構
    2. 3.3.2 ギャップ制御形反発力制御機構を用いた磁気浮上機構
    3. 3.3.3 回転形モータを利用した磁路制御形磁気浮上機構
  4. 3.4 誘導方式の理論と分類
    1. 3.4.1 コイル軌道方式
    2. 3.4.2 シート軌道方式
  5. 3.5 渦電流併用方式
  6. 3.6 高温超電導方式
    1. 3.6.1 超電導現象
    2. 3.6.2 超電導体の種類
    3. 3.6.3 マイスナー効果
    4. 3.6.4 ピン止め浮上
  7. 参考文献

第4章 磁気回路専用形

  1. 4.1 回転形
    1. 4.1.1 1自由度能動制御磁気軸受
    2. 4.1.2 弾性ロータの制御
    3. 4.1.3 血液ポンプへの応用
    4. 4.1.4 ターボ分子ポンプへの応用
  2. 4.2 平面形
    1. 4.2.1 EMS浮上式鉄道 (HSST)
    2. 4.2.2 磁気浮上式搬送機
    3. 4.2.3 XYステージ他
    4. 4.2.4 渦電流を用いた振動減衰
    5. 4.2.5 磁束集束を利用した磁路制御式磁気浮上機構
    6. 4.2.6 永久磁石による薄板鋼板の振動抑制
    7. 4.2.7 反磁性材料の磁気支持と磁気回路
  3. 参考文献

第5章 磁気回路兼用形

  1. 5.1 回転形-ベアリングレスモータの原理・制御概要・座標変換-
    1. 5.1.1 ベアリングレスモータの定義と基本原理
    2. 5.1.2 誘導機形ベアリングレスモータ
    3. 5.1.3 永久磁石形ベアリングレスモータ
    4. 5.1.4 同期リラクタンス形ベアリングレスモータ
    5. 5.1.5 ホモポーラ形・コンシクエントポール形ベアリングレスモータ
  2. 5.2 平面運動
    1. 5.2.1 EDS浮上式鉄道(JRマグレブ),EMS(トランスラピッド)
    2. 5.2.2 搬送機応用、薄板鋼板浮上搬送
  3. 参考文献

第6章 実機設計・製作のための解析と応用

  1. 6.1 電磁構造連成
    1. 6.1.1 解析方法
    2. 6.1.2 解析結果
    3. 6.1.3 磁気剛性
    4. 6.1.4 磁気減衰
    5. 6.1.5 振動解析方法
    6. 6.1.6 本節のまとめ
  2. 6.2 非線形振動
    1. 6.2.1 磁気力の非線形特性とそれに起因する振動特性
    2. 6.2.2 主共振ピークの傾き
    3. 6.2.3 分調波共振と高調波共振
    4. 6.2.4 係数励振とオートパラメトリック共振
    5. 6.2.5 結合共振
    6. 6.2.6 内部共振
    7. 6.2.7 非線形共振を考慮した設計の必要性
  3. 6.3 磁気浮上系の設計例,制御系
    1. 6.3.1 設計モデル
    2. 6.3.2 電流制御形と電圧制御形
    3. 6.3.3 電磁解析による電磁石設計
    4. 6.3.4 ゼロパワー制御系の設計
    5. 6.3.5 実機評価
    6. 6.3.6 制御系設計時に注意する基本的事項
  4. 6.4 エレベータ非接触案内装置の制御系と設計
    1. 6.4.1 制御対象
    2. 6.4.2 安定化制御
    3. 6.4.3 機械系共振対策
    4. 6.4.4 実機エレベータの案内特性
  5. 6.5 血液ポンプの設計例
    1. 6.5.1 血液ポンプ
    2. 6.5.2 体内埋め込み形血液ポンプ用磁気軸受の設計
    3. 6.5.3 磁気軸受を用いた体内埋め込み形血液ポンプの試作例
    4. 6.5.4 体外設置形血液ポンプ用磁気軸受の設計
    5. 6.5.5 磁気軸受を用いた体外設置形血液ポンプの試作例
    6. 6.5.6 ベアリングレスモータを用いた血液ポンプの設計例
  6. 6.6 ベアリングレスドライブの設計例
    1. 6.6.1 コンシクエントポール形ベアリングレスモータの基本構造と動作原理
    2. 6.6.2 固定子,回転子および巻線の設計
    3. 6.6.3 制御システムの構成と原理
    4. 6.6.4 ドライブ方式,インバータ結線
    5. 6.6.5 干渉を考慮したダイナミクスのモデル化とコントローラの設計
    6. 6.6.6 製作例・実験方法
  7. 6.7 磁気浮上式フライホイールの設計例
    1. 6.7.1 エネルギー貯蔵に用いられるフライホイール
    2. 6.7.2 機械式二次電池の設計
    3. 6.7.3 機械式二次電池の試作と評価
  8. 6.8 本章のまとめ
  9. 参考文献

索引

【参考文献】

  • ガリレオ博物館ホームページ:http://www.museogalileo.it/
  • 高野義郎 「ヨーロッパ科学史の旅」,NHKブックス,昭和63年
  • 西方正司 監修:「基本からわかる電気機器講義ノート」,オーム社,2014.
  • 宮島龍興 訳:「ファインマン物理学 Ⅲ 電磁気学」,岩波書店,1986.
  • 伊藤正美,木村英紀,細江繁幸:「線形制御系の設計理論」,計測自動制御学会編・発行,ISBN:978-4-339-08331-6,コロナ社,1978.
  • 浜田望,松本直樹,高橋徹:「現代制御理論入門」,コロナ社,1997.
  • システム制御情報学会編:「制御系設計-H∞制御とその応用-」,朝倉書店, 1994.
  • 野波健蔵,西村秀和,平田光男:「MATLABによる制御系設計」,東京電機大学出版局, 1998.
  • 金東海:「現代電気機器理論」,電気学会,2010.
  • 松瀬貢規:「電動機制御工学-可変速ドライブの基礎-」,電気学会,2007.
  • 杉元紘也,田中誠祐,千葉明:「小型1軸制御シングルドライブベアリングレスモータの構造と原理」,日本AEM学会誌,vol.23, no.1, pp.48-54, 2015.
  • J. Asama, Y. Hamasaki, T. Oiwa, and A. Chiba, "Proposal and Analysis of a Single-Drive Bearingless Motor," IEEE Trans. Industrial Electronics, vol.60, no.1, pp.129-138, 2013.
  • 志村樹,杉元紘也,千葉明:「1軸制御シングルドライブベアリングレスモータのパーミアンス法による回転子設計」,第28回 「電磁力関連のダイナミクス」 シンポジウム講演論文集25A5-5,pp.63-68, 2016.
  • 長松昭男:「モード解析入門」,コロナ社,1993.
  • 山本敏男,石田幸男:「回転機械の力学」,コロナ社,2001.
  • モード解析ハンドブック編集委員会編:「モード解析ハンドブック」,コロナ社,2000.
  • 日本機械学会編:「計算力学ハンドブック (Ⅰ 有限要素法 構造編)」,丸善,1998.
  • 電磁学会磁気浮上応用技術調査専門委員会編「磁気浮上と磁気軸受」,コロナ社,6p,ISBN 4-339-00614-9, 1993.
  • Ulbrich, H., Schweitzer, G., and Bauser, E. "A rotor supported without contact --- Theory and application", Proceedings of the 5th World Congress on Theory and Mechanism, pp. 181-184, ASME, 1979.
  • 水野毅:「センサレス磁気浮上」,計測と制御,38巻,2号,pp. 92-96, Feb., 1999.
  • Vischer, D. and Bleuler, H.: "Self-Sensing Active Magnetic Levitaion", IEEE Trans. on Magnetics, Vol. 29, No. 2, pp. 1276-1281, 1993.
  • Mizuno, T. and Bleuler, H.: "Self-Sensing Magnetic Bearing Control System Design Using the Geometric Approach", Control Engineering Practice, Vol. 3, No. 7, pp. 925-932, 1995.
  • 水野,ブロイレル,田中,橋本,原島,上山:「変位センサレス磁気軸受の実用化に関する研究」, 電気学会論文誌D, 116巻, 1号, pp. 35-41, 1996.
  • Noh, M. D. and Maslen, E. H.: "Self-Sensing Magnetic Bearings (Part I)", Proc. 5th Int. Symp. on Magnetic Bearings, pp. 95-100, Kanazawa Univ., 1996.
  • 松田,岡田,谷:「差動トランス方式セルフセンシング磁気軸受の研究」,日本機械学会論文集 (C編),63-609, pp. 1441-1447, 1997.
  • 水野,石井,荒木:「ヒステリシスアンプを利用したセルフセンシング磁気浮上」,計測自動制御学会論文集,32-7, pp. 1043-1050, 1996.
  • Schammass, A., Herzog, R., Bühler, P. and Bleuler, H.: "New Results for Self-sensing Active Magnetic Bearings Using Modulation Approach", IEEE Transactions on Control Systems Technology, Vol. 13, No. 4, pp. 509-516, 2005.
  • システム制御情報学会編:「制御系設計-H∞制御とその応用」,朝倉書店,1994
  • 野波健蔵,西村秀和,平田光男:「MATLABによる制御系設計」,東京電機大学出版局,1998.
  • 野波健蔵,田宏奇:「スライディングモード制御 -非線形ロバスト制御の設計理論-」,コロナ社,1994
  • 岩井善太,水本郁朗,大塚弘文:「単純適応制御SAC」,森北出版,2008
  • 水野毅,たかさき正也,石野 裕二:「多重磁気浮上システム(第1報,基本構想と基本定理)」,日本機械学会論文集(C編),76巻,761号, pp. 76-83, 2010.
  • Mizuno, T., Takasaki, M. and Ishino, Y. : "Controllability and Observability of Parallel Magnetic Suspension Systems", Asian Journal of Control, Vol. 18, No. 4, pp. 1313-1327, 2016.
  • 樋口俊郎,水野毅:「5自由度制御形磁気軸受制御系の研究 -ジャイロ効果による相互干渉のある系の最適レギュレータの構成-」,計測自動制御学会論文集,18巻,5号,pp. 507-513, 1982.
  • 水野毅:「伝達関数を用いた磁気軸受制御系の基本構造の解析」,日本機械学会論文集 (C編),65巻,637号,pp. 3507-3514, 1999.
  • 水野毅,樋口俊郎:「オブザーバによる不つり合い推定信号を利用した磁気軸受の制御」,電気学会論文誌D,110巻,8号, pp. 917-924, 1990.
  • 水野毅,樋口俊郎:「不つり合い補償機能を備えた磁気軸受制御系の構成」,計測自動制御学会論文集,20巻,12号,pp. 1095-1101, 1984.
  • Habermann, H. and Brunet, M. : "The Active Magnetic Bearing Enables Optimum Damping of Flexible Rotor", ASME Paper 84-GT-117, 1984.
  • ハベルマン,ブルネ:「電磁式軸受に懸垂されるロータの臨界周波数減衰装置」,公開特許公報,昭52-93853, 1977.
  • ハベルマン,ブルネ:「磁気懸垂方式ロータに於ける同期妨害補償装置」,公開特許公報,昭52-93852, 1977.
  • Takeshi MIZUNO, Tomohiro AKIYAMA, Masaya TAKASAKI, Yuji ISHINO: "Application of Frequency-Following Servocompensator to Unbalance Compensation in Gyro with Flexures Gimbal", IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, Vol. 21, No. 2, pp. 1151-1159, 2016.
  • 水野,樋口:「磁気軸受の制御に関する研究 -回転同期信号を利用した不つり合い補償法-」, システムと制御, 30巻, 8号, pp. 512-520, 1986.
  • 樋口,水野,大塚:「繰り返し制御を利用した磁気軸受における不つり合い補償」,システム制御情報学会論文誌,3巻,5号,pp.147-153, 1990.
  • Herzog, R., Bühler, P., Gähler, C., and Larsonneur, R.: "Unbalance Compensation Using Generalized Notch Filters in the Multivariable Feedback of Magnetic Bearings", IEEE Transactions on Control System Technology, Vol. 4, No. 5, pp. 580-586, 1996.
  • Li, L., Shinshi, T., Iijima, C., Zhang, X. and Shimokobe, A.: "Compensation of rotor imbalance for precision rotation of a planar magnetic bearing rotor", Precision Engineering, Vol. 27, pp. 140-150, 2003.
  • Shafai, B., Beals, S., LaRocca, P., Cusson, E. : "Magnetic Bearing Control Systems and Adaptive Forced Balancing", IEEE Control System Magazine, Vol. 14, No. 2, pp. 202-2211, 1994.
  • Seto, H., Namerikawa, T. and Fujita M.: "Experimental Evaluation on H∞ DIA Control of Magnetic Bearings with Rotor Unbalance", Proceedings of the 10th International Symposium on Magnetic Bearings, Hotel du Parc, Martigny, Switzerland, 2006.
  • 中村泰貴,涌井伸二:「5軸能動形磁気軸受における不釣り合い振動補償群の関係性とそれを活用した振動抑制」,日本機械学会論文集,Vol.82, No.837, DOI: 10.1299/transjsme.15-00607, 2016.
  • Toru Namerikawa, Daisuke Mizutani, Shintaro Kuroki : "Robust H∞ DIA Control of Levitated Steel Plates", 電気学会論文誌D, Vol. 126, No. 10 pp. 1319-1324, 2006.
  • Jung Soo Choi, Yoon Su Baek : "Magnetically-Levitated Steel-Plate Conveyance System Using Electromagnets and a Linear Induction Motor", IEEE Transactions on Magnetics, Volume 44, Issue 11, pp. 4171-4174, 2008.
  • 大路貴久,苗真,高見典幸,飴井賢治,作井正昭:「交流アンペール式リニア誘導浮上搬送装置の磁極配置とAl薄板の浮上特性」,日本AEM学会誌,Vol. 19, No. 3, pp. 550-556, 2011.
  • 秋山京介,鳥居粛,岩下聡:「高周波駆動の誘導反発型磁気浮上装置における非磁性導体の導電率の影響」,電気学会論文誌D,Vol.133, No.11, pp. 1097-1103, 2013.
  • 岩下聡,鳥居粛,「吸引磁気浮上における振動周波数可変方法の提案」,電気学会論文誌D (産業応用部門誌),Vol.135, No. 5 pp. 475-480, 2015.
  • Orai Suzuki, Daisaku Nagashima, Ken Nishimura, Toshiko Nakagawa: "Magnetic Levitation Control by Considering the Twisting Mode of a 0.18 mm Thick Steel Plate", IEEE Transactions on Magnetics, Volume 51, Issue 11, 8600304, 2015.
  • 丸森宏樹,米澤暉,成田正敬,加藤英晃,押野谷康雄:「薄鋼板の湾曲磁気浮上装置の検討」,日本機械学会論文集,Vol.81, No.823, p. 14-00471, 2015.
  • Takayoshi Narita, Takeshi Kurihara, Hideaki Kato: "Study on stability improvement by applying electromagnetic force to edge of non-contact-gripped thin steel plate", Mechanical Engineering Journal, Vol. 3, No. 6, pp. 15-00376, 2016.
  • 石井宏尚,成田正敬,加藤英晃:「電磁石と永久磁石による薄鋼板のハイブリッド磁気浮上システム ―磁場の相互作用を考慮した最適配置探索に関する基礎的検討―」,日本AEM学会誌,Vol. 24, No. 3 pp. 149-154, 2016.
  • 多田誠,米澤暉,丸森宏樹,成田正敬,加藤英晃:「湾曲柔軟鋼板の弾性モードを考慮したモデルに対する浮上性能評価」,日本磁気学会論文特集号,Vol. 1, No. 1, pp. 70-75, 2017.
  • 森下,小豆沢:「常電導吸引式磁気浮上系のゼロパワー制御」,電気学会論文集, Vol. 108-D, No. 5, pp. 447-454, 1988.
  • J.R. Powell and G.R. Danby: "High-Speed Transport by Magnetically Suspended Trains", The American Society of Mechanical Engineers, ASME publication, 1966.
  • S. Fujiwara: "Characteristics of the combined levitation and guidance system using ground coils on the side wall of the guide way", Magnetically levitated systems and linear drives, pp. 241, July 1989.
  • T. Murai, "Test run of combined propulsion, levitation and guidance system in EDS Maglev": Maglev '95, pp. 289, Nov., 1995
  • 長嶋,上條,飯倉,長谷川,重枝,中島:「磁気車輪で推進・浮上・案内する磁気浮上車模型」,平成7年電気学会全国大会,No.1060
    (3.47) 藤井,林,坂本:「自己回転型磁気車輪とそれを用いた試験車の特性」,電気学会論文誌D, Vol. 120, No. 4, pp. 495-502, 2000.
  • R. F. Post, D. D. Ryutov, "The Inductrack Approach to Magnetic Levitation:" 16th MAGLEV2000, pp. 15-20, 2000.6
  • 村井,長谷川:「インダクトラック磁気浮上方式の電磁力解析」,電気学会論文誌D, Vol. 121, No. 10, 2001.
  • 川田,森井,中島,金子,山田:「誘導反発原理による磁気浮上搬送の試み」,電気学会リニアドライブ研究会資料,LD-91-105, pp. 69-77, 1991.
  • 大路,佐藤,飴井,作井:「非磁性金属薄板の内部渦電流に対する交流アンペール力発生法と誘導反発式磁気浮上への効果」,電気学会論文誌D, Vol. 128, No. 3, pp. 238-243, 2008.
  • 樋口,岡:「リラクタンス制御形磁気浮上システム ―永久磁石とリニアアクチュエータを用いた浮上機構―」,電気学会論文誌D編Vol. 113-D, No. 8, pp. 988-994, 1993.
  • K. Oka and T. Higuchi : "Magnetic levitation system by reluctance control: levitation by motion control of permanent magnet", International Journal of Applied Electromagnetics in Materials, Vol. 4, No. 1, pp. 369-375, 1994.
  • 水野,大内,石野,荒木:「磁石の運動制御を利用した反発形磁気浮上機構」,日本機械学会論文集C編,Vol. 61, No. 589, pp. 3587-3592, 1995.
  • 水野,関口,荒木:「永久磁石の運動制御を利用した反発形磁気軸受に関する研究 : アキシャル方向の安定化制御」,日本機械学会論文集C編,Vol. 64, No. 628, pp. 4717-4722, 1998.
  • 水野,相澤,石野:「圧電素子による永久磁石の運動制御を利用した反発形磁気軸受機構の開発」,日本機械学会論文集C編,Vol. 68, No. 674, pp. 2917-2948, 2002.
  • 孫,岡:「円盤磁石の回転を用いた磁路制御形非接触浮上機構の開発」,日本機械学会論文集C編,Vol. 76, No. 771, pp. 2916-2922, 2010.
  • 孫,岡:「円盤磁石を用いた可変磁路制御機構による磁気浮上 (二つの鉄球同時浮上実験)」日本機械学会論文集 (C編) , Vol. 78, No. 792, pp. 2771-2780, 2012.
  • 水野,平井,石野,高崎:「磁路制御形磁気浮上に関する研究 (ボイスコイルモータを用いたシステムの開発)」日本機械学会論文集C編,Vol. 72, No. 721, pp. 2869-2876, 2006.
  • 古舘,稲葉,石野,高崎,水野:「磁路制御形磁気浮上の基本特性の評価と浮上実験」,日本機械学会論文集C編,Vol. 74, No. 741, pp. 1185-1191, 2008.
  • 野村:「交流磁気浮上式リニアモータの試作」,実教出版工業教育資料, 194,pp. 30-32, 1987.
  • 大路,佐藤,飴井,作井:「非磁性金属薄板の内部渦電流に対する交流アンペール力発生法と誘導反発式磁気浮上への効果」,電気学会論文誌D,Vol. 128, No. 3, pp. 238-243, 2008.
  • 森下,大路,押野谷,田中:「環境負荷の低減をめざして-高品質・高精度化に関わる技術-」,平成25年電気学会産業応用部門大会シンポジウム,3-S11-3,pp. III-47-III-50, 2013.
  • T. Ohji, F. Kato, K. Amei, and M. Sakui: "A comparative numerical study of repulsive forces for stabilizing a rectangular aluminum plate between ac induction type and ac ampere type magnetic levitation methods", Int. J. Applied Electromagnetics and Mechanics, Vol. 45, pp. 895-901, 2014.
  • 大路,須田,飴井,作井:「アルミニウムリング引上げのための交流アンペール力の生成」,第40回日本磁気学会学術講演会,p. 27, 2016.
  • 電気学会:「超電導工学」,オーム社, 1994.
  • ISTECジャーナル編集委員会:「超電導技術とその応用」, 丸善株式会社, 1996.
  • I. D. Silva and O. Horikawa, "An Attraction-Type Magnetic Bearing with Control in a Single Direction", IEEE Transaction on Industry Applications, Vol. 36, No. 4, pp. 1138-1142, 2000.
  • J. Kuroki, T. Shinshi, L. Li and A. Shimokohbe, "Miniaturization of one-axis-controlled magnetic bearing", Precision Engineering, Vol. 29, No. 2, pp. 208-218, 2005.
  • 湯本淳史,進士忠彦,張暁友,下河邉明,「小型遠心ポンプ用1自由度制御型磁気軸受の研究」,日本機械学会誌論文集C編,Vol.74, No.742, pp.1625-1630, 2008.
  • Nozomu Ishikawa and Satoshi Ueno, "Levitation of a Flexible Rotor Supported by Hybrid Magnetic Bearings", Journals of the Japan Society of Mechanical Engineers, Vol. 2, No. 4, 14-00564, 2015.
  • 田中宏樹,上野哲,姜長安,「ハイブリッド磁気軸受を用いた弾性ロータの制御」,第58回自動制御連合講演会,2015.
  • 増澤徹,「磁気浮上型人工心臓」,日本AEM学会誌,Vol. 25, No. 3, 2017
  • 北郷将史,増澤徹,西村隆,許俊鋭,「治療用人工心臓のためのアキシャル型磁気浮上モータの開発」,日本AEM学会誌,Vol. 19, No. 2, pp. 280-285, 2011
  • 下堀拓己,増澤徹,西村隆,許俊鋭,「心拍同期型磁気浮上血液ポンプにおける受動安定軸の浮上安定性評価」,日本AEM学会誌,24 (3), pp. 210-221, 2016.
  • N. A. Greatrex, D. L. Timms, N. Kurita, W. W. Palmer, T. Masuzawa, "Axial Magnetic Bearing Development for the BiVACOR Rotary BiVAD/TAH", IEEE Transactions on Biomedical Engineering, Vol. 57, No. 3, pp. 514-721, 2010.
  • Nobuyuki Kurita, Daniel Timms, Nicholas Greatrex, Matthias Kleinheyer, Toru Masuzawa, "Optimization design of magnetically suspended system for the BiVACOR total artificial heart", Proc. of ISMB14, 437-440, Linz, Austria, August, 2014.
  • 斎藤拓也,増澤徹,長真啓,巽英介,「超小型磁気浮上式小児用人工心臓の開発」,日本AEM学会誌,Vol. 25, No. 2, pp. 198-204, 2017.
  • Nobuyuki Kurita, Takeo Ishikawa, Naoki Saito and Toru Masuzawa, "A double sided stator type axial self-bearing motor development for left ventricular assist devices", International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, vol. 52, no. 1-2, pp. 199-206, 2016.
  • 長真啓,増澤徹,巽英介,「乳児用人工心臓用ダブルステータ型磁気浮上モータの開発」,日本AEM学会誌,Vol. 19, No. 2, pp. 267-273, 2011
  • 上田憲治,長谷川泰士,八幡直樹,横山明正,向井洋介:「国内初 磁気軸受搭載高効率ターボ冷凍機" ETI-MBシリーズ"」,三菱重工技報 Vol. 51, No. 1, pp. 93-97, 2014.
  • 進藤裕司,阪井直人,山内正史:「磁気軸受のターボ機械への適用」,日本ガスタービン学会誌 Vol. 43, No. 4, pp. 25-29. 2015.
  • 上山拓知:「制御型磁気軸受の最近の開発動向」,Koyo Engineering Journal No. 163, pp. 23-30, 2003.
  • Zhou Dan, Zhu Changsheng ; "Failure Mechanism of Improved Three-Level Power Amplifier for Active Magnetic Bearings", Proceedings of the 12th international Symposium on Magnetic Bearings, pp. 385-394, 2012.
  • Weiyu Zhang, Huangqiu Zhu : "Control System Design for a Five-Degree-of- Freedom Electrospindle Supported With AC Hybrid Magnetic Bearings", IEEE/ASME Transactions on Mechatronics, Vol. 20, No. 5, pp. 2525-2537, October 2015.
  • 村井,細田:「HSST推進系の開発経緯と東部丘陵線 (リニモ) の制御装置」,鉄道車両と技術,No. 107,日本鉄道車両機械技術協会.
  • 正田,北野,水間,藤原:「リニアモーターカー実用化の動向」,電気学会論文誌,Vol. 110-D, No. 1, 1990,電気学会.
  • Toshio Kakinoki, Hitoshi Yamaguchi, et al., "A Turnout without Movable Parts for Magnetically Levitated Vehicles with Hybrid Magnets", Journal of International Conference on Electrical Machines and Systems(JICEMS),Volume 3(Number 3) , pp. 312-316, 2014.
  • Toshio Kakinoki, Hitoshi Yamaguchi, et al., "Development of New Propulsion System for Magnetically Levitated Vehicle", The 15th International Symposium on Magnetic Bearings (ISMB15) , T3C5, pp. 304-308, 2016.
  • 環境調和型磁気支持応用技術の体系化調査専門委員会編 「環境調和型磁気支持応用技術の体系化」,電気学会技術報告, No. 1334, 2015.
  • 田中慶一:「電子ビーム露光装置/極紫外線露光装置対応高精度位置決めステージの研究」,東京工業大学博士論文,乙第4066号
  • Yuta Nakamura, Mimpei Morishita, "Swing Damping Effect of Eddy Current for Electromagnetic Suspension System", ISEM2015, 1A1-A-3, Awaji Kobe, Sept. 16, 2015.
  • 水野毅,星野博,たかさき正也,石野裕二,「磁路制御形磁気浮上の提案と基礎実験」,日本AEM学会誌,Vol. 14, No. 3, pp. 346-352, 2006.
  • 榎園正人,戸高孝,槌田雄二,原田真,下地広泰,碇賀厚,「高磁場収束配列型永久磁石モータの開発」,平成18 年電気学会全国大会講演論文集,No. 5, pp. 185-186 , 2006.
  • 米野友貴,水野毅,たかさき正也,石野裕二,「磁束集中を利用した可変磁路式磁気浮上に関する研究」,日本機械学会関東支部第17期総会講演会講演論文集,pp. 263-26, 2011.
  • 高林篤,水野毅,たかさき正也,石野裕二:「集束型磁路制御式磁気浮上機構の開発」,日本機械学会論文集C編,Vol. 79, No. 801, pp. 1483-1494, 2013.
  • K. Matsuda, M. Yoshihashi, Y. Okada Y. and Tan, "Self-Sensing Active Suppression of Vibration of Flexible Steel Sheet", Trans. ASME J. Vib. Acoust., Vol. 118, 1996.
  • Phaisarn Sudwilai, Koichi Oka, Yuuta Hirokawa, "Vibration Control With Linear Actuator Permanent Magnet System using LQR Method", Journal of System Design and Dynamics, Vol. 5, No. 6, pp. 1238-1250, 2011.
  • H.Suzuki, A.Suzuki, S.Sasaki, A.Ito, F.Barrot, D.Chapuis, T.Bosgiraud, R.Moser, J.Sandtner, H.Bleuler, "Proto-model of novel contact-free disk suspension system utilizing diamagnetic material", The 10th International Symposium on Magnetic Bearing, ISMB10, pp. 98-99, 2006.
  • Ryosuke Saito, Kazuto Itatsu, Minoru Kanke, Atsushi Ito, Haruhiko Suzuki, "Contact-free Two Dimensional Micro-displacement Actuation by Using Diamagnetic Graphite", IEEJ, Vol. 130-D, No. 11, pp. 1221-1225, 2010.
  • J. E. Hiliton, S. M. McMurry, "An adjustable linear Halbach array", Journal of Magnetism and Magnetic Material 324, pp. 2051-2056, 2012.
  • 土屋裕紀,徳永昇吾,伊藤淳,鈴木晴彦,M. J. Bragge,「シリンダ形状永久磁石を用いたHalbach配列分岐機構試作機の磁気的性能」,日本AEM学会,第23回「MAGDAコンファレンスin高松」講演論文集,pp. 385-388, 2014.
  • R. Bosch, "Development of a bearingless electric motor",, Procedings of International Conference on Electric Machines (ICEM'88) Vol. e, pp. 373-375, 1988.
  • 千葉明,深尾正:「半径方向回転体位置制御巻線付き電磁回転機械および半径方向回転体位置制御装置」,特願平1-9375, 1989.
  • 千田孝司,茅野信雄,笠原雄一,千葉明,泥堂多積,深尾正:「ラジアル方向位置制御巻線を施した電動機の基礎的な実験」,平成元年電気学会全国大会,736, p. 6-190, 1989.
  • Toshiro Higuchi, "Magnetic Levitation Technology and Present Application State. Application of Magnetic Levitation Technology to FA", National Convention of IEEJ, Vol. 1989, No. 6, Page. S. 9.21-S. 9.24.
  • Akira Chiba, Kouji Chida and Tadashi Fukao, "Principle and Characteristics of a Reluctance Motor with Windings of Magnetic Bearing",, International Power Electronic Conference Record (IPEC), pp. 919-926, 1990, Tokyo.
  • A. O. Salazar, etal, "A magnetic bearing system using capacitive sensors for position measurements",, IEEE Transaction on Magnetics Vol. 26, No. 5, Sept. 1990.
  • Akira Chiba, Tazumi Deido, Tadashi Fukao and M. A. Rahman, "An Analysis of Bearingless ac Motors", IEEE Transactions on Energy Conversion, Vol. 9, No. 1, pp. 61-68, 1994.
  • J. Bichsel, "The Bearingless Electrical Machine", NASA-CP-3125-PT-2, pp. 561-573, 1992.
  • Akira Chiba, Tadashi Fukao, Osamu Ichikawa, Masahide Oshima, Masatsugu Takemoto, and David G Dorrell, Magnetic Bearings and Bearingless Drives, Newnes, ISBN 0 7506 5727 8, 2005.
  • 千葉明,大山和伸,深尾正:「超高速ドライブ・ベアリングレス関連の最新技術 総論」,平成17年度電気学会産業応用部門大会シンポジウムS1-1-1 [I-3]-[I-6] , 8/29-31, 2005.
  • 宮武亮治,首藤雅夫,千葉明,深尾正:「誘導機形ベアリングレスモータの各種巻線形状の比較」,電磁力関連のダイナミックスシンポジウム,173, pp. 399-404, 1995.
  • 鈴木尚礼,吉田和久,千葉明,深尾正:「誘導機形ベアリングレスモータのギャップ磁束一定制御における過負荷応答」,平成11年電気学会全国大会1151, 1999.
  • 廣見太志,千葉明,深尾正:「かご形回転子を持つ誘導機型ベアリングレスモータの支持力の非干渉化制御システム」平成17年度電気学会産業応用部門大会 Y-15, 2005.
  • 齋藤祐至,千葉明:「スキューを施した4軸制御誘導機型ベアリングレスモータのアキシャル力」平成23年電気学会全国大会講演論文集5-229, 2011.
  • 大島政英,宮澤悟,千葉明,中村福三,深尾正:「永久磁石型ベアリングレスモータの定数測定と負荷時の半径方向位置制御特性」,電気学会産業応用部門誌,Vol. 120, No. 8/9, pp. 1015-1023, 2000.
  • 稲垣耕平,藤江紀彰,千葉明,深尾正:「逆突極永久磁石形ベアリングレスモータの定数測定と非干渉化制御」,電気学会半導体電力変換研究会資料,SPC-99-48, pp. 49-56, 1999.
  • 竹本真紹,鵜山通夫,千葉明,赤木泰文,深尾正:「2極電動機・4極位置制御構造を持つ埋込永久磁石型ベアリングレスモータの試作」,第15回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム講演論文集,6A09, pp. 629-634, 2003.
  • A. Chiba, et al., "Radial Force in a Bearingless Reluctance Motor", IEEE Transaction on Industry Applications, Vol. 27, No. 2, pp. 786-790, 1991.
  • C. Michioka, et al., "A Decoupling Control Method of Reluctance-Type Bearingless Motors Considering Magnetic Saturation", IEEE Transactins on Industry Applications, Vol. 32, No. 5, pp. 1204-1210, 1996.
  • M. Takemoto, et al., "Synchronous Reluctance Type Bearingless Motors with Multi-flux Barriers", Proc. of PCC'07 (Power Conversion Conf.), pp. 1559-1564, 2007.
  • O. Ichikawa, et al., "An Analysis of Radial Forces and Rotor Position Control Method of Reluctance Type Bearingless Motrs", Transaction of IEE Japan, Vol. 117-D, No. 9, pp. 1123-1131, 1997. (in Japanese)
  • 道岡ら:「ホモポーラ型ベアリングレスモータの無負荷時の半径方向力」,電気学会回転機研究会資料,RM-96-24, pp. 91-100, 1996.
  • 豊島ら:「ホモポーラ型ベアリングレスモータにおける回転子突極数に関する一考察」,平成9年電気学会全国大会,pp. 5-214-215, 1997.
  • O. Ichikawa, et al., "Inherently Decoupled Magnetic Suspension in Homopolar-Type Bearingless Motors", IEEE Transactions on Industry Applications, Vol. 37, No. 6, pp. 1668-1674, 2001.
  • 久保田ら:「コンシクエントポール形ベアリングレスモータの提案」,電気学会半導体電力変換研究会資料,SPC-01-102, pp. 49-54, 2001.
  • J. Amemiya, et al., "Basic Characteristics of a Consequent-Pole-Type Bearingless Motor", IEEE Transactions on Magnetics, Vol. 41, No. 1, pp. 82-89, 2005.
  • J. Asama, et al., "Suspension force investigation for consequent-pole and surface-mounted permanent magnet bearingless motors with concentrated winding", Proceedings of the IEMDC, pp. 780-785, 2015.
  • S. Fujiwara, "Characteristics of the combined levitation and guidance system using ground coils on the side wall of the guide way", Magnetically levitated systems and linear drives, pp. 241, July, 1989.
  • T. Murai, "Test run of combined propulsion, levitation and guidance system in EDS Maglev", Maglev '95, pp. 289, Novvember, 1995.
  • 長谷川他:「分散型誘導集電装置の現車試験による特性確認」,電気学会論文誌,Vol. 117-D,No. 1,pp. 81-90, 2003.
  • 大橋:「2相リニア磁気浮上搬送システムの浮上・推進に関する検討」,電気学会論文誌D,Vol. 126, No. 6, pp. 812-817, 2006.
  • R. Morisawa and T. Nakagawa: "Experiments and simulations of transportation by LIM for magnetically levitation steel plates", Proceedings of ICEMS, pp. 1-5, 2012.
  • 田中,石井,成田,長谷川,押野谷:「鋼板搬送ラインにおける環境調和型応用技術 (搬送方向位置決め制御)」,第25回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム講演論文集,pp. 350-351, 2013.
  • 電気学会 磁気浮上応用技術調査専門委員会編:「磁気浮上と磁気軸受」,コロナ社 (1993).
  • 日本機械学会編:「電磁力応用機器のダイナミックス」,コロナ社(1990).
  • 土島秀雄,寺井元昭,吉田史,渡邊洋之,山地睦彦,松田正治,地蔵吉洋,藤本泰司:「山梨実験線用超電導磁石の熱負荷増特性」,低温工学,Vol. 29, No. 10, pp. 530-536 (1994).
  • 坂本茂,平田東助,吉岡健,福本英士,滝沢照広:「集中定数モデルを用いた電磁構造連成挙動解析」,日本機械学会論文集 (C編),Vol. 60, No. 577, pp. 3057-3063 (1994).
  • 後藤憲一,山崎修一郎:「詳解 電磁気学演習」,共立出版 (1970).
  • T. Takagi and J. Tani : "A new numerical analysis method of dynamic behavior of a thin plate under magnetic field considering magnetic viscous damping effect", International Journal of Applied Electromagnetics in Materials, Vol. 4, No. 1, pp. 35-42 (1993).
  • T. Sugiura, M. Tashiro, Y. Uematsu and M. Yoshizawa: "Mechanical stability of a high-Tc superconducting levitation system", IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol. 7, No. 2, pp. 386-389 (1997).
  • 杉浦壽彦,植松義尊:「発展鏡像法による高温超電導磁気浮上系の電磁力およびトルクの解析」,日本機械学会論文集 (C編),Vol. 66, No. 644, pp. 1138-1145 (2000).
  • A. H. Nayfeh and D. T. Mook: "Nolinear Oscillations", John Wiley & Sons Inc., New York (1979).
  • 安田仁彦:「振動工学-応用編-」,pp. 144-178, コロナ社 (2001).
  • 小林慎太郎,須田辰也,杉浦壽彦:「高温超電導体で支持された回転体の分数調波共振現象」,第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集(日本機械学会No.10-252),pp. 600-603 (2000).
  • A. Tondl, et al.: "Autoparametric Resonance in Mechanical Systems", Cambridge University Press, Cambridge (2000).
  • T. Shimizu, T. Sugiura and S. Ogawa: "Parametrically excited motion of a levitated rigid bar over high-Tc superconducting bulks", Physica C, Vol. 445-448, pp. 1109-1114 (2006).
  • T. Sugiura, S. Ogawa and H. Ura: "Nonlinear oscillation of a rigid body over high-Tc superconductors supported by electro-magnetic forces", Physica C, Vol. 426-431, pp. 783-788 (2005).
  • 坂口龍之介,杉浦壽彦:「高温超電導磁気浮上系におけるオートパラメトリック共振を利用した振動低減」,Dynamics and Design Conference 2012 USB論文集 (D&D2012,日本機械学会 No. 12-12), No. 546 (2012).
  • 山崎寛,坂口龍之介,杉浦壽彦:「高温超電導磁気浮上系における水平方向のオートパラメトリック励振を利用した鉛直方向の振動抑制実験」,第21回MAGDAコンファレンスin 仙台 講演論文集 (MAGDA2012,日本AEM学会),No. OS1-1, pp. 191-194 (2012).
  • 上條芳武,伊東弘晃,丸山裕,「ゼロパワー制御を用いた磁気軸受の構成と軸支持特性」, 日本機械学会論文集 (C編),Vol. 79,No. 808,pp. 4963-4972 (2013).
  • 上條芳武,丸山裕,「ゼロパワー制御を用いた磁気軸受の特性検討」 Dynamics & Design Conference 2012, "535-1"-"535-6".
  • 丸山裕,上條芳武,「ゼロパワー制御を用いた磁気軸受における完全非接触浮上の実現」, 平成25年電気学会全国大会論文集,pp. 147-148.
  • 水野毅,吉冨亮一,「ゼロパワー磁気浮上を利用した除振装置の開発 (第1報,基本原理と基礎実験)」,日本機械学会論文集 (C編),Vol. 68, No. 673, pp. 2599-2604 (2002).
  • 森下,小豆沢:「常電導吸引式磁気浮上系のゼロパワー制御」,電気学会論文誌D,Vol. 108-D, No. 5, pp. 447-454 (1988).
  • 森下,明石:「ゼロパワー磁気浮上制御によるエレベータ非接触案内方式の検討」,電気学会リニアドライブ研究会資料, LD-01-53, pp. 17-22 (2001).
  • 森下,伊東:「実機試験用エレベータ非接触案内装置の案内力制御の検討」,電気学会リニアドライブ研究会資料,LD-04-101,pp. 21-26 (2004).
  • 森下,小豆沢:「オブザーバによる外力補償を付加したゼロパワー磁気浮上制御」,電気学会リニアドライブ研究会資料,LD-88-6,pp. 1-10 (1988).
  • 森下,伊東,浅見,横林:「エレベータ非接触案内装置における機械系共振と磁気浮上制御」,電気学会リニアドライブ研究会資料,LD-08-85,pp. 53-56 (2008).
  • 伊東,森下,浅見,横林:「エレベータ非接触案内装置におけるレール継目通過時の挙動に関する検討」,電気学会リニアドライブ研究会資料,LD-08-84,pp. 49-52 (2008).
  • 伊東,森下,山本:「エレベータ非接触案内装置における走行時挙動に関する検討」,日本機械学会第19回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム講演論文集,pp. 13-16 (2007).
  • Hideo Hoshi, Tadahiko Shinshi, Setsuo Takatani: "The Third Generation Blood Pumps: Mechanical Non-contact with Magnetic Levitation, Artificial Organs", Vol. 30, No. 5, pp. 324-338 (2006).
  • J. Asama, T. Shinshi, H. Hoshi, S. Takatani, Akira Shimokohbe: "A New Design for a Compact Centrifugal Blood Pump with a Magnetically Levitated Rotor", ASAIO Journal, Vol. 50, No. 6, pp. 550-556 (2004).
  • 湯本淳史,進士忠彦:「軸方向制御型磁気軸受モータを搭載した小型遠心血液ポンプ」,Vol. 78, No. 792, pp. 345-353 (2012).
  • Junichi Asama, Tadahiko Shinshi, Hideo Hoshi, Setsuo Takatani and Akira Shimokohbe: "Dynamic Characteristics of a Magnetically-Levitated Impeller in a Centrifugal Blood Pump", Artificial Organs, Vol. 31, No. 4, pp. 301-311 (2007).
  • Chi Nan Pai, Tadahiko Shinshi, Junichi Asama, Setsuo Takatani, Akira Shimokohbe: "Development of a Compact Centrifugal Rotary Blood Pump with Magnetically Levitated Impeller Using a Titanium Housing", Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 2, No. 3, pp. 345-355 (2008).
  • Wataru Hijikata, Tadahiko Shinshi, Junichi Asama, Lichuan Li, Hideo Hoshi, Setsuo Takatani and Akira Shimokohbe: "A MagLev Centrifugal Blood Pump with a Simple-Structured Disposable Pump Head", Artificial Organs, Vol. 32, No. 7, pp. 531-540 (2008).
  • Eiki Nagaoka, Tatsuki Fujiwara, Daisuke Sakota, Tadahiko Shinshi, Hirokuni Arai, Setsuo Takatani, MedTech Mag-Lev: "Single-use, Extracorporeal Magnetically Levitated Centrifugal Blood Pump for Mid-term Circulatory Support", ASAIO Journal 2013, Vol. 59, No. 3, pp. 246-252 (2013).
  • H. Onuma, T. Masuzawa and M. Murakami: "Development of radial type self-bearing motor for small centrifugal blood pump", Proc. of 15th International Symposium on Magnetic Bearings, pp.685-692 (2016).
  • 吉田・増澤・村上・小沼・西村・許:「薄小型磁気浮上補助人工心臓における浮上インペラの受動安定軸の変動計測」,日本AEM学会誌,Vol. 23,No. 2, pp.400-406 (2015).
  • M. Osa, T. Masuzawa, T. Saito and E. Tatsumi: "Magnetic levitation performance of miniaturized magnetically levitated motor with 5-DOF active control", Proc. of 15th International Symposium on Magnetic Bearings, pp. 594-601 (2016).
  • 神谷幸佑,杉元紘也,朝間淳一,千葉明,深尾正:「トロイダル巻線構造を採用した多極コンシクエントポール型ベアリングレスモータの設計」,日本AEM学会誌,Vol. 17, No. 1, pp. 15-20 (2009).
  • 杉元紘也,朝間淳一,千葉明:「トロイダル巻を用いた多極コンシクエントポール型ベアリングレスモータの磁気支持特性」,電気学会論文誌D,Vol. 132, No. 12, pp. 1-9 (2012).
  • Hiroya Sugimoto, and Akira Chiba:"Stability Consideration of Magnetic Suspension in Two-Axis Actively Positioned Bearingless Motor with Collocation Problem", IEEE Transactions on Industry Applications, Vol. 50, No.1, pp. 338-345 (2014).
  • G.Kuwata, N.Sugitani, and O.Saito: "Development of Low Loss Active Magnetic Bearing for the Flywheel UPS", The 10th International Symposium on Magnetic Bearings (2006).
  • 齊藤修,桑田厳,温見寿範,岩崎郁夫,真島隆司:「機械式2次電池の開発」,IHI技報, Vol. 49, No. 1, pp. 54-59 (2009).
  • 齊藤修,桑田厳,斉藤忍:「無停電電源装置フライホイールの開発」,日本機械学会論文集 (C編), Vol.76, No.769, pp. 2255-2261 (2010).

【口コミ】

  • ※口コミはありません。
ページトップへ戻る