書籍
書籍検索
新刊 送料無料

設計技術シリーズ

流体工学に基づく油圧回路技術と設計法

著者: 築地 徹浩氏(上智大学)
価格: 4,100円(本体)+税
判型: A5
ページ数: 324 ページ
ISBN: 978-4-904774-70-0
発売日: 2018/7/30

【著者紹介】

【目次】

まえがき

1.油圧技術とは

  1. 1-1 活躍する油圧
  2. 1-2 油圧方式とは
  3. 1-3 油圧装置の基本構成と油圧回路

2.油圧回路内の流れの基礎

  1. 2-1 単位について
  2. 2-2 圧力とパスカルの原理
  3. 2-3 速度と流量
  4. 2-4 連続の式
  5. 2-5 ベルヌーイの式と圧力エネルギー
  6. 2-6 油の圧縮性
  7. 2-7 油圧管路でのオイルハンマー
    1. 2-7-1 圧縮性とオイルハンマー
    2. 2-7-2 弁を急閉鎖した時のオイルハンマー
    3. 2-7-3 圧力波の伝播速度
  8. 2-8 油圧制御弁の絞りでの圧力と流量
  9. 2-9 管路内の流れと損失
  10. 2-10 流体力とは
  11. 2-11 スプール弁に働く流体力
  12. 2-12 ポペット弁に働く流体力
  13. 2-13 スプール弁とポペット弁の流量係数
  14. 2-14 キャビテーション
  15. 2-15 すきまでの流れ
    1. 2-15-1 平板間の二次元流れ
    2. 2-15-2 平板間の放射状流れ
    3. 2-15-3 二重管内の流れ

3.油圧作動油

  1. 3-1 作動油に要求される性質
  2. 3-2 作動油の種類
  3. 3-3 密度、比重および粘性

4.油圧制御弁

  1. 4-1 油圧制御弁の機能と構造での分類
    1. 4-1-1 圧力制御弁
    2. 4-1-2 流量制御弁
    3. 4-1-3 方向制御弁
    4. 4-1-4 電気油圧制御弁
  2. 4-2 油圧制御弁内の流れと振動・騒音およびキャビテーション
    1. 4-2-1 ボール弁
    2. 4-2-2 ポペット弁
    3. 4-2-3 つば付きポペット弁
    4. 4-2-4 急落下防止弁
    5. 4-2-5 スプール弁

5.油圧ポンプ

  1. 5-1 基礎事項
  2. 5-2 アキシアルピストンポンプ
    1. 5-2-1 斜板式
    2. 5-2-2 斜軸式
    3. 5-2-3 閉込み
    4. 5-2-4 ノッチ
  3. 5-3 ラジアルピストンポンプ
  4. 5-4 ベーンポンプ
  5. 5-5 ギヤポンプ

6.マニホールドブロックの管路の設計法

  1. 6-1 マニホールドブロックの管路内流れの損失と低減化
  2. 6-2 マニホールドブロックの管路内のキャビテーションの低減化
  3. 6-3 マニホールドブロック内の管路網の設計方法

7.油圧アクチュエータ

  1. 7-1 油圧アクチュエータ
  2. 7-2 油圧シリンダ
  3. 7-3 油圧モータ
    1. 7-3-1 ギヤモータ
    2. 7-3-2 ベーンモータ
    3. 7-3-3 ピストンモータ

8.その他の油圧機器

  1. 8-1 アキュムレータ
  2. 8-2 フィルタ
  3. 8-3 クーラー
  4. 8-4 油タンク

9.油圧回路

  1. 9-1 基本回路
    1. 9-1-1 圧力制御回路
    2. 9-1-2 速度制御回路
    3. 9-1-3 その他
  2. 9-2 応用事例

10.油圧回路の設計法

  1. 10-1 油圧回路の設計手順
  2. 10-2 高圧液体噴射系の設計
  3. 10-3 複動形片ロッドシリンダを持つ回路の設計

【参考文献】

書籍など

  • http://www.jfps.jp/vir/、JFPSフルードパワーバーチャルミュージアム、 (一社) 日本フルードパワーシステム学会
  • 築地徹浩 他著、流体力学、実教出版 (2009)
  • 尾泰利著、内部流れと流体機械、養賢堂、(1997)
  • 竹中利夫監訳、V.L.ストリータ、E.B.ワイリー著、流体過渡現象、日本工業新聞社、 (1973)
  • 築地徹浩、山根隆一郎、白濱芳朗共著、基礎からの流体工学、日新出版, (2002)
  • 山口惇、田中裕久著、油空圧工学、コロナ者、(1986)
  • 新版 油空圧便覧、(社) 日本油空圧学会 (現 (一社) 日本フルードパワーシステム学会編)、(1989)
  • 市川常雄、日比昭著、油圧工学、朝倉書店(1981)
  • 実用油圧ポケットブック (2012年度版)、(一社) 日本フルードパワー工業会
  • 西海孝夫著、油圧 基礎のきそ、日刊工業新聞社、 (2012)
  • 高橋浩爾、築地徹浩著、流体の力学、日刊工業新聞社、 (1995)
  • 油圧の基礎と応用、高橋徹著、東京電機大学出版局、 (2010)
  • (一社) 日本フルードパワーシステム学会、油圧駆動の世界-油圧ならこうする-、日本フルードパワーシステム学会創立30周年出版、(2003)
  • 油圧の実用技術、油圧技術研究フォーラム編、オーム社、 (2001)
  • 油圧基幹技術、日本フルードパワーシステム学会編、日本工業出版、 (2014)
  • はじめての油圧システム、熊谷英樹・正木克典著、技術評論社、 (2014)
  • 油圧の技術、林義輝著、日本理工出版会、 (2002)
  • 見方・書き方 油圧・空気圧回路図、坂本俊雄、三木一伯著、オーム社、(2003)
  • 良く分かる最新油圧・空気圧の基本と仕組み、坂本俊雄、長岐忠則著、秀和システム、 (2016)
  • 機械工学便覧 基礎編 α4 流体工学、日本機械学会、 (2006)

解説書や論文等

  • http://www.jfps.jp/vir/、JF
  • 阿武芳朗、秋山伸幸著、スプール形油圧方向切換え弁の流量係数について、日本機械学会論文集、36-286、(1970)、p.974
  • 市川常雄、清水孝著、ポペット弁の流量係数について、日本機械学会論文集、31-222、(1965)、p.317
  • 築地徹浩、松本学、佐倉青蔵、永田精一、吉田太志著、可視化技術を用いた油圧用ボール弁の改良、日本フルードパワーシステム学会論文集、第35巻、第6号、(2004年)、pp.7-12.本文4-2-1項で引用
  • 築地徹浩、鈴木芳和著、渦法による油圧用軸対称ポペット弁内流の数値シミュレーション、日本機械学会論文集 (B編) 63巻606号 (1997年2月) pp.552-559.本文4-2-2項で引用
  • 築地徹浩、永井宏治、住田隆著、ポペット弁のつば近傍でのキャビテーションの抑制に関する研究、日本油空圧学会論文集、第32巻第1号 (2001年1月) pp.7-12.本文4-2-3項で引用
  • 築地徹浩、澄川寛和、住田隆、佐藤毅彦著、急落下防止弁内の流れの可視化と騒音測定、日本油空圧学会論文集、第29巻第3号 (1998年5月) pp.16-20.本文4-2-4項で引用
  • 築地徹浩、高瀬拓也、野口恵伸著、アキシアルピストンポンプ内のノッチからのキャビテーション噴流の可視化解析、日本フルードパワーシステム学会論文集、第42巻、第1号 (2011年1月) pp.7-12.本文5-2-4項で引用
  • 築地徹浩著、管路損失の低減法、日本フルードパワーシステム学会誌、日本フルードパワーシステム学会、第43巻、第4号 (2012年7月) pp.218-220.本文6-1節で引用
  • 阿部修、渡辺謙一、築地徹浩、渡邉摩理子、安永和敏著、マニホールドブロック内管路の曲り部での流れ解析、平成24年度春季フルードパワーシステム講演会講演論文集、pp.31-33.本文6-2節で引用
  • 金澤恵里、五十嵐大貴、阿部修、築地徹浩、安永和敏著、マニホールドブロック内の圧力損失、平成25年度春季フルードパワーシステム講演会講演論文集、pp.52-54.本文6-3節で引用

【口コミ】

  • ※口コミはありません。
ページトップへ戻る